ドローンXアカデミーではドローン初心者からビジネスにドローンを利活用される方まで幅広い方々に学んでいただけるカリキュラムを用意しています。

ドローン操縦に必要な技術と資格を取得できる

ドローン操縦に必要な技術と資格を取得できる

JUIDA認定スクールにおけるJUIDAが定める科目を終了した操縦士には、JUIDAが定める申請手続きを行ってもらうことにより、JUIDA『操縦技能証明証』を交付します。

また、JUIDA操縦技能証明証を取得し、かつ飛行業務の経験を有する方を対象として、無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得してもらい、修了者には、同様にJUIDAが定める申請手続きを行ってもらうことにより、JUIDA『安全運航管理者証明証』を交付します。

【注意】…「操縦技能講習コース」で交付する『修了証書』は、JUIDA『操縦技能証明証』の申請手続きに必要となります。なお、JUIDAへの申請には別途費用が掛かります。JUIDAへの申請手続きの詳細は、JUIDAホームページでご確認ください。

※JUIDA無人航空機操縦士:無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者

               

※JUIDA安全運航管理者:無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者

               認定証
           

※申請手続きにより、JUIDA『操縦技能証明証』『安全運航者管理者証明証』が交付されます。

資格社会!資格を取得してからスタートです

資格社会!資格を取得してからがスタートです

資格は取得してからがスタートです。JUIDA 無人航空機操縦技能証明証と、JUIDA 無人航空機安全運航管理者証明証を取得していただくことが最終目的ではなく、資格取得後にドローン操縦士となり、ドローンビジネスをスタートしていただくことです。GPSの電波が捕捉できない場所や、目視外・夜間などの特異な環境で、意図する運航が問題なく行えるスキルを身につけたうえで、入校生各自がもつスキルを合わせ、高いオリジナリティのあるドローン操縦士となることが求められます。

コース一覧

コース名 カリキュラム 得られる資格 受講料
無人航空機操縦士コース
カリキュラム:
1日目9:30~17:30 座学
第1章 UAS概論 ・定義と歴史・適用事例・課題
第2章 法律・ルール ・国際的な動向・国内法の動向・国内における飛行状況
第3章 気象 ・ドローンと気象・風の吹くメカニズム・強風事例・積乱雲・霧・気象予測データ
第4章 技術 ・飛行原理・機体構造・GPS・リチウムイオンバッテリー・通信・電波
第5章 運用 ・安全確保・禁止事項・義務・注意点・操縦方法・確認事項・安全対策・SoraPass・座学修了試験
実技 整備・点検(1時間)
2日目9:30~17:30 実技 手動操縦(7時間)
3日目9:30~17:30 実技 手動操縦(3時間)
自動操縦(2時間)
実技修了試験(2時間)
4日目9:30~17:30 特別講習
屋外講習
国土交通省申請講習 ・飛行許可申請の作成方法及び作成等
費用
得られる資格:
無人航空機操縦技能証明証
受講料:
¥198,000(税別)
無人航空機安全運航管理者コース
カリキュラム:
1日目9:30~15:30 座学
第1章 安全運航管理者の意義 ・安全の定義・航空3原則・リスクレベル・安全運航管理者の役割
第2章 ドローンのリスクハザードの把握 ・知識 ・気象/風速のリスク・機体/要素部品のリスク・姿勢安定・制御のリスク等
第3章 リスクに対する安全管理の手法 ・リスクに対する安全管理手法・リスクアセスメントの概要等 まとめ
得られる資格:
無人航空機安全運航管理者証明証
受講料:
¥50,000(税別)

※受講料につきましては、受講3日前までに銀行振込かクレジットカードにてお支払い、または受講当日に現金でお支払いください。
詳細は予約受付完了メールにて通知いたします。

スクールへのアクセス

ドローンXアカデミー下関校

〒751-0875
山口県下関市秋根本町1丁目7-5-101
TEL:083-227-4581
FAX:083-227-4582

新下関駅 東出口から徒歩3分
下関ICから車で10分・駐車場あり(満車の際は近くのコインパーキング利用)

講習会会場へのアクセス

下関市勤労者総合福祉センター
〒752-0927
山口県下関市長府扇町4番10号
TEL/FAX:083-248-5510

運営会社: エックス・ワン株式会社
http://xone-y.jp/